-->
任意保険とは強制保険になっている自賠責保険とは違って自賠責保険の範囲内でまかなえない補償を考慮している必須ともいえるより充実した保険です。これは任意の保険に関しては自賠責保険の上級保険ということで機能しますので、自賠責保険でカバーできる支払いの限界を上回った時に有用です。さらに自賠責保険だけでは物に対する損害に対しては補償を受けることができないので、それをまかなうためには任意保険に入っておくことをお勧めします。もう任意保険の保険料を納めている車を売却する際は、国産メーカーの自動車もしくはドイツ車というようなことは例外なく、残っているお金が返金されます。日本の車を手放す場合でも同じです。自賠責保険は普通は入ったままにしておくのが常識になっていますが任意保険というのは誰もが入る保険ではありませんから中途解約になります。また中途解約後は現段階で 納付済みの返戻金が返金されるということになります。愛車の売買が決まったからといってすぐさま任意保険を中途解約するというのはリスクがあります。もちろんすぐさま契約解除するとそれだけ還付される金額は増加しますがもしかしたら車買取店が遠くにあるため自ら乗っていくような際は任意保険に加入していない状態で運転をしなければなりません。緊急事態を考慮して、絶対にこれから自分で運転をすることはないという状況になる時まで契約のキャンセル手続きはすることがないようにする必要があります。中古車を買い取ってもらってまたすぐに新しいクルマに乗り換えるのでしたら構わないでしょうがもしも運転をしない状況が続いて任意保険に加入している必要がなくなってしまったらこのように任意保険未加入の時間がある場合、以前継続していた任意保険の等級が下がるため保険料が上がってしまいます。そういったようなケースでは「中断証明書」という書類を発行してもらうようにする必要があります。この「中断証明書」を使えば最長で10年は無保険になる前の任意保険の等級を継続することが可能です。そして、13ヶ月以内でしたら発行することが可能ですので、仮に既に売却していて、「中断証明書」を発行していないのであればその保険会社や保険代理店に中断証明書を発行していないことをお伝えください。仮に新しく車を購入してその後以前保有していた車を廃車依頼するのでしたら任意保険は一方のみのとなります。任意保険の契約し直しということですから乗らなければなれないクルマであれば処分の際まで注意が必要です。それから、任意保険というのは車の種類などにより価格が相当変化してきますから、中古車買取時は任意保険の内容を検討してみる良い機会にもなります。

Link

Copyright © 1997 www.collegesinbangalore.net All Rights Reserved.